新・ミナミの帝王


SPドラマ10 美人詐欺師の罠


新・ミナミの帝王/SPドラマ10 美人詐欺師の罠
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2015/01/12 16:40:00 ~ 2019/09/22 00:00:00

番組内容


ミナミの街に突然現れた美しき教祖・恵福(安達祐実)。“ミナミの帝王”の座を奪おうとたくらむ詐欺師・春田(山内圭哉)と手を組み、銀次郎(千原ジュニア)をピンチに追い込む!

ストーリー


萬田銀次郎(千原ジュニア)が金貸しを営む大阪ミナミに、教祖を名乗る恵福(安達祐実)が現れる。
知るはずのない事情をズバリと言い当てる“霊視”で多くの信者を獲得し、莫大な金を集めていたが、銀次郎は詐欺だと直感。露天商・馬場正子(楠見薫)を騙して得た情報を話しているだけだと見抜く。
その恵福と詐欺をはたらく春田(山内圭哉)は、銀次郎に恨みを抱いていた。
まもなく、顧客が次々と借金を完済し銀次郎の元を離れ始め、さらに多重債務者が相次いで失踪。
そんな中、ローン会社で働く正子の息子・正樹(中山卓也)が自殺を図った。担当したローンの債務者が姿を消し、会社に1億円の損失を負わせてしまったためだ。弟分の坂上竜一(大東駿介)と正子は親子のような間柄だった。悲しみに暮れる正子を見て、仇を討とうと息巻く竜一だが、銀次郎はいまいちのらない様子。見損なったとかみつく竜一に、銀次郎は絶縁を言い渡す。
酒を飲んで荒れる竜一を恵福は言葉巧みに誘う。すっかり懐柔された竜一は、銀次郎が密かに進めている儲け話を横取りしよう持ちかけ…。

キャスト


スタッフ


■原作:「ミナミの帝王」:天王寺大
■劇画:(週刊漫画ゴラク連載中):郷力也
■脚本:ひかわかよ
■演出:瑠東東一郎
■プロデューサー:東田元 (関西テレビ)
■プロデューサー:山下有為 (関西テレビ)
■プロデューサー:神山明子
■プロデューサー:増田幸一郎
■音楽:PE'Z:櫻井真一
■主題歌:ET‐KING
■制作:カンテレ
■制作:メディアプルポ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:1時間14分00秒
■放送時期:2015/01/06〜2015/01/06
■制作年:2014年
■コピーライト:(C)天王寺大・郷力也/関西テレビ/メディアプルポ