チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋


第6回 後遺症


チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋/第6回 後遺症
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2011/07/11 00:00:00 ~ 2020/03/23 00:00:00

番組内容


田口&白鳥の“チーム・バチスタ”コンビが帰ってきた!2人が新たに飛び込むのは、過酷な医療の最前線「救命救急」。
一瞬の迷いや判断ミスが命取りになる現場に、素性も病名もわからぬまま搬送されてくるさまざまな患者たち。でも原因は必ずある。
“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と呼ばれる天才救命医に浮かび上がる黒い疑惑、現代人を蝕む原因不明の病の謎を解明する新しいヒューマン医療ミステリー!

ストーリー


メディカル・アソート社が大規模な医療施設“MAH”の建設を計画していると知った白鳥(仲村トオル)と田口(伊藤淳史)は、計画書に名を連ねていた速水(西島秀俊)を直撃。佐々木(堀部圭亮)と密談中だった速水は、施設が完成すればセンター長に就任するつもりだとあっさりと関与を認め、田口を驚かせる。
そんな折、速水に山崎健人(桜田通)という車いすの少年から、自宅で倒れた母・智子(大路恵美)を救命救急センターで受け入れてほしいと電話が入る。5年前、事故で瀕死の重傷を負い速水の処置で命を救われた健人が、速水を命の恩人だと頼り、搬送を依頼したのだ。
智子は過労による貧血と判明。付き添ってきた健人は速水に自分のことを覚えているかとたずねるが、速水は記憶にないとそっけなく答える。この言葉に建人は…

キャスト


スタッフ


■原作:「ジェネラル・ルージュの凱旋」(宝島社刊):海堂尊
■脚本:後藤法子
■脚本:山田あかね
■脚本:徳永友一
■脚本:田中眞一
■演出:今井和久 (MMJ)
■演出:植田尚 (MMJ)
■演出:星野和成 (MMJ)
■演出:白木啓一郎 (関西テレビ)
■プロデューサー:豊福陽子
■プロデューサー:遠田孝一 (MMJ)
■プロデューサー:八巻薫 (MMJ)
■音楽:羽岡佳
■主題歌:「いくつの夜明けを数えたら」(ユニバーサル シグマ):松田聖子
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:2010/05/11〜2010/05/11
■制作年:2010年
■コピーライト:(C)海堂 尊「ジェネラル・ルージュの凱旋」(宝島社刊)/関西テレビ/MMJ