新・ミナミの帝王


SPドラマ4 狙われた町工場


新・ミナミの帝王/SPドラマ4 狙われた町工場
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2012/04/01 00:00:00 ~ 2019/09/22 00:00:00

ストーリー


大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)は、東大阪で小さな部品工場を経営する白川誠一(清水綋治)と出会う。白川の工場は、高い技術力を誇っていたが、息子・一真(和田正人)は大企業に勤めるエリート技術者で、工場を継ぐつもりはなく、白川も継がせる気はないと公言していた。
同じ頃、銀次郎は、ミナミの実力者・沢木(赤井英和)の紹介で金を借りたいという工場主から、偽造手形で詐欺を働くグループの話を耳にする。
一方、白川は外国からの留学生・楊(阿部力)と知り合い、自宅でホームステイさせることに。そんなある日、白川は、突然現れた高橋(渡辺隆二郎)という男から、振り出した覚えのない手形を突きつけられる。額面は5000万円、しかも支払い期限は明日。金策に走り回る一真から懇願された銀次郎は、白川に融資すべく、工場に赴く。ところが白川は、楊から借金をしたので、金は必要ないと言って、銀次郎の融資を断る。
無事に不渡りを出さずにすんだと安心していた白川だったが、数日後、突然、楊が「翌日までに金を返して欲しい」と言い出した。お金のあてもなく、うろたえる白川に楊は、それならば工場の株を渡せと迫る。まもなく、白川の危機を知った一真は銀次郎に融資を依頼。それを知った銀次郎は“1カ月以内の返済”を条件に、一真に金を貸すことにするが…。

キャスト


スタッフ


■原作:「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中):天王寺大
■劇画:「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中):郷力也
■脚本:大久保ともみ
■演出:根本和政
■プロデューサー:細川陽子 (関西テレビ)
■プロデューサー:神山明子
■プロデューサー:増田幸一郎
■音楽:PE'Z
■主題歌:ET‐KING
■制作:カンテレ
■制作:メディアプルポ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:1時間14分00秒
■放送時期:2012/03/17〜2012/03/17
■制作年:2012年
■コピーライト:(C)天王寺大・郷力也/関西テレビ/メディアプルポ