白い春


第11話 本当のお父さん


白い春/第11話 本当のお父さん
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2011/07/11 00:00:00 ~ 2020/09/30 00:00:00

番組内容


自分の娘とは知らず、出会ってしまった“不器用で最悪な男”。
そして、その少女を実の娘のように育ててきた“真面目で善良な男”。

どちらの愛が大きいか、正しいかではなく、どちらの愛も、深く温かい。

ストーリー


パン屋を辞めるという佐倉春男(阿部寛)を引き留めようとして追いかけた村上さち(大橋のぞみ)だが、春男はさちを振り切り、行ってしまう。
パン屋を辞めた理由を聞く栞に、春男は自分がいたら親子の邪魔になるだけだと話す。栞はワッフル屋を一緒にやろうと声をかけるが春男はそれを断りつつも、栞と小島勇樹(遠藤雄弥)に心配してくれたお礼を言う。
一方、村上康史(遠藤憲一)はさちに、出て行った春男を引き留めるのはかえって迷惑なんだと優しく諭す。そして康史はおじさんが喜ぶからと言い、海に行こうと約束する。しかし部屋に戻ったさちは、栞の言葉を思い返していた…。
数日後、さちと康史は海に来ていた。喜んで砂浜を走るさちを見る康史も笑顔だ。やがて砂浜に座り春男からもらった水彩画セットで絵を描き始めるさち。康史はそんなさちを見ながら、こうしてゆっくりと親子の時間が過ごせたことを喜ぶ。

キャスト


スタッフ


■脚本:尾崎将也
■プロデューサー:安藤和久 (関西テレビ)
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■プロデューサー:東城祐司 (MMJ)
■プロデューサー:伊藤達哉 (MMJ)
■演出:三宅喜重
■演出:小松隆志 (MMJ)
■演出:植田尚 (MMJ)
■音楽:仲西匡
■主題歌:「横顔」(EMI Music Japan):阪井あゆみ
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:46分32秒
■放送時期:2009/06/23〜2009/06/23
■制作年:2009年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ