僕たちがやりました


第8話 恋と友情と罪…それぞれの答え


僕たちがやりました/第8話 恋と友情と罪…それぞれの答え
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2017/09/05 23:30:00 ~ 2019/03/23 00:00:00

番組内容


“そこそこ”で生きていた、イマドキな4人の高校生。学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で復讐を企てる。ところがそれはとんでもない大事件に発展。気づいた時にはヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま“爆弾事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は、“逃げる”こと…。
そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描く!

ストーリー


蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のことが気になる。
一方、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵から、突然別れを切り出されてしまう。マル(葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。
パイセン(今野浩喜)は飯室から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止める。そこに向かうとパイセンの異母弟・玲夢(山田裕貴)が輪島の指示を受け、無防備な男を暴力で痛めつけていた。勇気を振り絞って輪島の前に飛び出し、息子だと名乗るものの…。

キャスト


スタッフ


■原作:『僕たちがやりました』(講談社『ヤンマガKCスペシャル』所載):金城宗幸
■原作:『僕たちがやりました』(講談社『ヤンマガKCスペシャル』所載):荒木光
■脚本:徳永友一
■演出:新城毅彦
■演出:瑠東東一郎
■プロデューサー:米田孝
■プロデューサー:平部隆明 (ホリプロ)
■プロデューサー:白石裕菜
■音楽:origami PRODUCTIONS
■主題歌:「僕たちがやりました」(Sony Music Records):DISH//
■オープニング曲:「WanteD! WanteD!」(Universal Music/EMI Records):Mrs. GREEN APPLE
■制作:カンテレ
■制作:ホリプロ

備考


※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:45分39秒
■放送時期:2017/09/05〜2017/09/05
■制作年:2017年
■コピーライト:(C)金城宗幸、荒木光/講談社/カンテレ