新・ミナミの帝王


SPドラマ6 狙われた銀次郎


新・ミナミの帝王/SPドラマ6 狙われた銀次郎
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/03/27 09:00:00 ~ 2019/09/22 00:00:00

ストーリー


大阪で“ミナミの鬼”と恐れられる金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)は、菅谷昌和という男に5千万円融資する。ところが、その菅谷が返済を前に病院に運ばれたことが判明。院長の吉田恵美子(伊藤かずえ)から、すでに死亡したと聞かされる。貸した金は必ず取り立てるミナミの鬼が、初めて借金を回収し損ねた…そんな噂が広がり、悔しさをにじませる銀次郎。
そんな折、菅谷の実の娘・阿部幸(浜丘麻矢)が東京にいるとわかる。幸によれば、菅谷は8年前に幸の母親と離婚し、まもなく失踪。しかし、驚いたことに写真を確認すると、金を借した菅谷とはまったくの別人だった。銀次郎は、大阪でホームレスとなった本物の菅谷から男が戸籍を買い取り、菅谷になりすまして詐欺を働いたと推理。男の正体を聞き出そうと菅谷を探す中、恵美子がホームレスを無償で病院に受け入れていることを知る。
ボランティア精神溢れる医師として尊敬を集める恵美子。だが、その実態は“貧困ビジネス”に手を染める悪徳医師で、身寄りのない患者の戸籍を兄の吉田隆夫(五代高之)に買い取らせ、これを悪用して私腹を肥やしていた。
やがて本物の菅谷(山路和弘)を見つけた銀次郎は、戸籍を売った相手が明らかにならなければ、取り立て屋が幸のもとに押しかけると告げる。菅谷は恵美子を訪ね、戸籍を返して欲しいと嘆願。恵美子は、その交換条件にある恐ろしい“仕事”を菅谷に命じる。
後日、銀次郎は背後からナイフを持った何者かに襲われ…。

キャスト


スタッフ


■原作:「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中):天王寺大
■劇画:「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中):郷力也
■脚本:大久保ともみ
■演出:根本和政
■プロデューサー:東田元 (関西テレビ)
■プロデューサー:神山明子
■プロデューサー:増田幸一郎
■音楽:PE'Z
■音楽:櫻井真一
■主題歌:ET‐KING
■制作:カンテレ
■制作:メディアプルポ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:1時間14分00秒
■放送時期:2013/03/16〜2013/03/16
■制作年:2013年
■コピーライト:(C)天王寺大・郷力也/関西テレビ/メディアプルポ