曲がり角の彼女


第9話 こんにちは赤ちゃん!?


曲がり角の彼女/第9話 こんにちは赤ちゃん!?
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2012/05/14 00:00:00 ~

番組内容


33歳は女の人生の曲がり角!
劇中にちりばめられた女のバトル、恋愛、不倫、女の立身出世。本人たちはいたって真剣でも、どこか笑いを誘い、切なく泣ける。
30代独身女性が、 まぶしいほどに輝く20代女性とバトルを繰り広げ『恋愛』『仕事』そして『幸せ』を勝ち取る爽快なサクセスストーリー。

ストーリー


千春(稲森いずみ)は思いがけない展開で一樹(要潤)と付き合うことになった。とは言え、職場ではこれまで通り上司と部下を装っていたが、勘のいいなつみ(釈由美子)は早くも二人の関係に探りを入れてきた。
実は千春は妊娠しているのではないかという心配事を抱えていた。もちろん相手は堀内(伊原剛志)しかいない。気が気でない千春は妊娠検査薬を買ったが、うっかりオフィスで落としてしまった。しかも拾ったのが杏子(川島なお美)だったものだから早速犯人探しが始まってしまった。もちろん千春は作り笑いでごまかしたが、やはりなつみだけは意味ありげな視線を送ってきた。
職場に1人になると妊娠検査薬を無事回収。帰宅してまさに調べようとしていたら、東京に出張してきた父親の清(小野武彦)が突然現れた。すぐにカバンに隠したが、カバンがひっくり返り出てきてしまった。必死に取り繕う娘に父親は嘘はつかなくていいとだけ言うと帰っていった。これだけ大騒ぎしたのに検査結果は陰性。千春はホッとすると同時に、両親は孫の誕生を心待ちにしていると思うと、親不孝な自分が情けなくなった。
ある日、千春は杏子に頼まれて江陸(吉川史樹)の授業参観に代理出席することになった。たまたま話しかけてきた相手は千春と同じ33歳にしてすでに2人の小学生の母親。自分にもこんな生き方があったのだろうかと、職場の同僚といる時には決して感じない思いがこみ上げてきた。
なつみと映画に出かけた修二(金子貴俊)も落ち着かない気分でいた。同僚たちは、あの妊娠検査薬をなつみのものだと決めつけていたし、この前の夜のキスはどういう意味だったのか。修二がおそるおそる冗談だったのかと尋ねると、なつみは怒って行ってしまった。
むしゃくしゃしたなつみが谷村(高知東生)のバーに顔を出すと千春とバッタリ。そこへえり子が悲しそうな表情で現れ、なんと妊娠が判明したと言い出したのだ・・・。

キャスト


スタッフ


■脚本:後藤法子
■演出:新城毅彦
■演出:池添博 (5年D組)
■演出:二宮浩行
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■プロデューサー:遠田孝一
■プロデューサー:安藤和久 (関西テレビ)
■音楽:大島ミチル
■ヴァイオリン:高嶋ちさ子
■主題歌:「Dear my friends」(avex trax):shela
■挿入歌:「明日、笑えるように」(MusicRay'n Inc.):SunSet Swish
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:2005/06/14〜2005/06/14
■制作年:2005年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ