マザー&ラヴァー


第4話 母の嫉妬


マザー&ラヴァー/第4話 母の嫉妬
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/03/31 11:09:36 ~

番組内容


岡崎真吾(坂口憲二)は、今どき珍しいマザコン青年。
母親を思い敬う感心な若者であるが少々度が過ぎるのが玉にキズ。そんな真吾と恋におちた杉浦瞳(篠原涼子)と、息子を親離れさせたい母親・マリア(松坂慶子)の3人が織り成す、楽しくも切ないハートフルドラマ。

ストーリー


瞳(篠原涼子)は真吾(坂口憲二)からゲーム機でとったおもちゃの腕時計を贈られた。初めてのプレゼントにご機嫌な瞳は、翌日時計を着けて出社したが部長にからかわれ、着けるのは真吾と会う時だけにしようとバッグにしまった。
真吾は稽古場では相変わらず圭(水上あさみ)から芝居のダメ出しをされていた。真吾が恭介(金子貴俊)相手にボヤいていると、思春期の中学生らしき少年が母親に冷たく当たっている光景に出くわした。過去に自分も同じような時期があったことを思い出し、その時の母親の気持ちを考えていた。その日実家に帰った真吾は、マリア(松坂慶子)に瞳とのことを聞かれ、うまくいっているから3人で会おうと持ちかけた。
翌日真吾は瞳を実家に連れて来た。手土産を差し出した瞳はかなり緊張気味。ふと真吾の目はマリアの胸に釘付けになった。マリアは真吾が小学1年生のときに図工の授業で作った紙粘土のブローチを付けていたのだ。瞳は思い出のいっぱい詰まった写真を見て、母と息子の絆の強さにショックを受けた。しかし、真吾と瞳が帰った後、マリアも自己嫌悪に陥った。実は瞳を意識して、あんなブローチをわざわざ用意したのだ。
一方、真吾からプレゼントされた腕時計を無くしてしまった瞳は・・・。

キャスト


スタッフ


■脚本:岡田惠和
■演出:新城毅彦
■演出:塚本連平 (MMJ)
■演出:三宅喜重
■演出:今井和久 (MMJ)
■プロデューサー:安藤和久 (関西テレビ)
■プロデューサー:東城祐司 (MMJ)
■プロデューサー:伊藤達哉 (MMJ)
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■音楽:寺嶋民哉
■主題歌:「Sounds of Love〜しあわせについて〜」(コロムビアミュージックエンタテインメント):アンジェリーナ
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:2004/10/26〜2004/10/26
■制作年:2004年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ