どてらい男


【立志編3】第41話 一夜妻


どてらい男/【立志編3】第41話 一夜妻
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2020/11/30 18:00:00 ~

番組内容


1973年から1977年まで放送された大ヒットドラマ。
故郷の福井から大阪に出て来た主人公・山下猛造が、大阪・立売堀の機械工具問屋に丁稚奉公に入る。主人や番頭からいじめられながらも商人(あきんど)として成長、戦争時代を経て、戦後は自分の店を持ち大成してゆく物語。

ストーリー


猛造(西郷輝彦)と茂子(梓英子)の結婚初夜はおかしな会話から始まった。だが、このあと深酔いした猛造が水を飲みに降り、楠(常泉忠延)の部屋に行ったのが間違いのもと。ひそかに茂子に惚れていた楠の策により、ぶっ倒れた猛造は押し入れに押し込まれてしまう。
一夜を処女妻のまま明かした茂子は、お秋(亀井光代)に頼んでこっそり猛造を捜してもらうが、弥之助(多々良純)の知るところとなる。

キャスト


スタッフ


■原作・脚本:花登筐
■音楽:神津善行
■主題歌:「どてらい男」:西郷輝彦
■プロデューサー:野添泰男
■演出:内海佑治
■演出:山像信夫
■演出:柏原幹
■演出:岡林可典
■制作著作:カンテレ

備考


※著作権の都合上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:1974/07/09~1974/07/09
■制作年:1974年
■コピーライト:(C)カンテレ