どてらい男


【立志編5】第64話 しごき地獄


どてらい男/【立志編5】第64話 しごき地獄
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2020/12/14 18:00:00 ~

番組内容


1973年から1977年まで放送された大ヒットドラマ。
故郷の福井から大阪に出て来た主人公・山下猛造が、大阪・立売堀の機械工具問屋に丁稚奉公に入る。主人や番頭からいじめられながらも商人(あきんど)として成長、戦争時代を経て、戦後は自分の店を持ち大成してゆく物語。

ストーリー


坂田(藤岡重慶)のひねくれた“初年兵いびり”は前戸時代の竹田(高田次郎)の比ではなかった。
要領のよい広田(工藤堅太郎)は殴られずに済んだが、海野(森次晃嗣)は殴られとおし。猛造(西郷輝彦)は丁稚時代のことを話し“噛みつき流”で行くという。
夜、海野がいなくなった。猛造と馬方(なべおさみ)が捜すと、かわやで首吊り男を発見…介抱すると警官上がりの初年兵ではないか。男は息を吹き返すが、坂田にすべてばれてしまう。

キャスト


スタッフ


■原作・脚本:花登筐
■音楽:神津善行
■主題歌:「どてらい男」:西郷輝彦
■プロデューサー:野添泰男
■演出:内海佑治
■演出:山像信夫
■演出:柏原幹
■演出:岡林可典
■制作著作:カンテレ

備考


※著作権の都合上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:1974/12/17~1974/12/17
■制作年:1974年
■コピーライト:(C)カンテレ