モンスターペアレント


第11話 史上最強の怪物親


モンスターペアレント/第11話 史上最強の怪物親
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2012/01/17 00:00:00 ~

番組内容


「あんたなんか教師失格だ!」、「教師をやめる確約書を書け!」など、何時間も罵声を浴びせ続ける非常識な保護者。
こんなモンスターペアレントが一人でもいれば、その学校は崩壊すると言われている。
そんな崩壊した教育現場に、法曹界から一人の女性弁護士がやって来た。
彼女は、さまざまな問題に遭遇していくうち、「これは教育現場だけではなく、今の日本の問題なのだ」と思うようになる。
これは、モンスターペアレントたちの無理難題な要求に翻弄される教育現場を舞台にした、まさに今を象徴する物語である。

ストーリー


樹季(米倉涼子)は教育委員会の仕事から手を引いたものの、逆恨みで教師から刺され意識不明の重体の望月(平岡祐太)のことや解決に至っていない三浦(佐々木蔵之介)の件が頭から離れず仕事が手につかない。
そんな樹季に城山(草刈正雄)は、ビッグビジネスとなる新しいクライアント、宮園清三(西岡徳馬)の案件を任せる。
一方、教育委員会には宮園の妻・貴代(高橋ひとみ)率いる保護者集団が、続く不祥事に苦情を訴えていた。
ある日、樹季は貴代から田川(角野卓造)を辞めさせる協力を頼まれた。依頼を断ると、会社に大損害を与える可能性もあり、困惑する。
そんな中、週刊誌に教育委員会がすべての保護者をモンスターと称し“モンスターペアレント撃退マニュアル”を作成しているとの記事が掲載された。マニュアルを手に入れた貴代はそれを田川に突きつけ説明会開催を求め…。

キャスト


スタッフ


■脚本:荒井修子
■脚本:佐藤久美子
■脚本:田村孝裕
■演出:小林義則
■演出:城宝秀則 (共同テレビ)
■演出:三木茂 (共同テレビ)
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■プロデューサー:岩田祐二 (共同テレビ)
■音楽:本間勇輔
■主題歌:「愛が哀しいから」(ユニバーサル シグマ):徳永英明
■制作:カンテレ
■制作:共同テレビ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:45分39秒
■放送時期:2012/01/17〜2012/01/17
■制作年:2008年
■コピーライト:(C)関西テレビ/共同テレビ