黄昏流星群 〜C-46星雲〜


黄昏流星群 〜C-46星雲〜


黄昏流星群 〜C-46星雲〜/黄昏流星群 〜C-46星雲〜
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2011/07/11 00:00:00 ~

番組内容


大人のための、大人の恋愛ドラマを…
かつて付き合っていたふたりが30年ぶりに再会し、止まった恋の続きが動き出す。人生の黄昏時である50代に差し掛かった時、今まで積み上げてきたものが全て崩壊したら、こんな辛いことはないだろう。でも、そんな状況でも幸せはあるはず。むしろ、人生の第2章をスタートする絶好のチャンス。
弘兼憲史氏の人気シリーズ「黄昏流星群」。人生のトワイライトに、かすかに光りながら一瞬の輝きをみせる流れ星のような【ささやかな幸せ=熟年の恋】

ストーリー


飛島健太(中村雅俊)は名古屋の都市銀行をリストラされ、東京の中堅企業に再就職した50代のサラリーマン。名古屋に妻の洋子(横山めぐみ)を残し、単身赴任しいてたが、突然洋子が離婚を切り出した。がく然となる健太はアパートに戻り、「シューティングスターズ」とラベルに書かれた古いカセットテープを見つける。シューティングスターズは、かつて健太がヴォーカルとして活躍していた人気ロックバンドだった。
同じ頃、大手出版社に勤めるカリスマ編集長・植松ひとみ(高島礼子)は、若い編集部員・宮部志乃(山口紗弥加)との衝突や、専務・飯田(永島敏行)との不倫関係に疲れ果てていた。そんな時、80年代に人気を博したシューティングスターズのヒット曲を耳にしたことで、ある大切な過去の思い出が蘇る。
そこで、ひとみは80年代の回顧特集を企画。そんな折…

キャスト


スタッフ


■原作:「黄昏流星群〜C46星雲〜」(小学館ビッグコミックオリジナル連載):弘兼憲史
■脚本:三浦有為子
■演出:白木啓一郎 (関西テレビ)
■プロデューサー:河西秀幸
■プロデューサー:松井洋子 (5年D組)
■音楽:白石めぐみ
■イメージソング:「C-46」(ユニバーサル シグマ):ASKA
■制作協力:5年D組
■制作著作:カンテレ

備考


※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:1時間03分12秒
■放送時期:2011/02/20〜2011/02/20
■制作年:2011年
■コピーライト:(C)2011 弘兼憲史・小学館/関西テレビ