神話戦士 ギガゼウス


episode-4 炎立つ


神話戦士 ギガゼウス/episode-4 炎立つ
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2012/09/05 19:09:33 ~

番組内容


規定により変身は5日に1度まで。隊員はローテーション制により交代で変身する・・・。
本気なのかジョークなのか、ドラマなのかバラエティなのか?
会社説明会、スタッフミーティング、営業、反省会、説教・・・。「そこ、見せなくていいよ!」という、絶対に通常の戦隊ヒーローでは見ることのできないシーンが満載!さらに、隊員達のゆとり世代丸出しの奇行の数々にむかつくこと必至!新感覚“脱力”ヒーロー誕生!

ストーリー


魔陀羅獣「ドラウル」が人間を襲いに町へやってきた。そこへパトロール中の羅門颯人(佐々木喜英)がギガゼウスに変身し、戦闘を始める。あり得ないくらいのパワーを持った魔陀羅獣の攻撃に、ピンチに追い込まれる羅門。そこへ魔陀羅獣「デスシェプスト」が現れ、ドラウルを連れて去っていく。そんな中、ゼウス技研・鬼兜すみれCEO(若尾義昭)が戻ってきた。翌日の会議で、沢田康一(河野朝哉)の行動が怪しいと話題になる。沢田は秘密組織シャドーアニマルズに父親を殺害され、シャドーアニマルズの正体を暴くためにゼウス技研に入社したと告白する。
魔陀羅獣ドラウル、デスシェプストが現れたことに対し、ゼウス技研で対策戦略会議が開かれた。戦略会議中に妄想ばかりしている上杉佳織(徳井青空)を叱った剣剣介(古賀亘)の動画がサイトにアップされ、地球防衛業が仕事であるはずのゼウス技研に不信感が募る。信頼を取り戻すべく、ゼウス技研は記者会見を開く。その頃、沢田は秘密組織シャドーアニマルズのリンジー・ウォン(椿木琴乃)を捕らえ、拷問していた。恐怖を覚えたリンジーは「シャドーアニマルズは狂った世界バランスを正すために、世界エネルギーを独占するのが目的の組織だ」と話す。ドラウルとデスシェプストの元に、胸の世界ストーンが淡い不気味な光を帯びているシャドーアニマルズ・灰戸(本宮賢二)が近づいていた。

キャスト


スタッフ


■プロデュース:山岡重行
■プロデュース:市川マミ
■脚本・監督:古屋雄作
■制作プロダクション:クルーザー
■制作著作:カンテレ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:2012/05/24〜2012/05/24
■制作年:2012年
■コピーライト:(C)関西テレビ