吉本興業創業100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん


吉本興業創業100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん


吉本興業創業100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん/吉本興業創業100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/01/21 20:27:00 ~

番組内容


“自分には、もう何もない”と生きる意味が分からなくなったおじぃが、おとん、おかん、子供たちの小さな悩みを見つめることで「まだ死ねないな」と少しだけ前を向く。
ちょっとおかしな日常の中で、改めて見つめなおす家族の絆と面白さ。そして生きること。
50周年を迎える笑福亭仁鶴が見つめてきた落語と現代の中で、最も伝えたかった「人と人とのぬくもり」を描く。
一見当たり前の日常に見える家族の小事件… 実はその「当たり前」こそが、何よりも大切な存在なのだ。

ストーリー


大阪に暮らす矢沢家は、主人の矢沢修(村上ショージ)、妻の道子(南野陽子)、19歳の息子・英吉(菅田将暉)、中学生の娘・里美(矢倉楓子)、修の父・庄司(近藤正臣)の5人家族。その“ご先祖様”である江戸時代の落語家・落葉亭風琴(笑福亭仁鶴)は、あの世からやって来ては一家の様子をのぞき、それぞれが抱える悩みに気を揉んでいた。英吉は東大に合格したほどの秀才だが、学校でのいじめが原因で進学も就職もせず退屈を持て余していた。印刷会社に勤める修は、成績不振を年下の上司・小杉(ほっしゃん。)に責められ、落ち込む毎日。
そんなある日、修に大手企業の会長・鬼頭宗雄(オール巨人)から大口の注文が舞い込む。鬼頭は修の熱意に惚れ仕事を任せたが、小杉のミスで鬼頭を怒らせてしまう。渋々謝罪に向かった小杉は、修に責任をなすりつけ反省の色もない。そのことに気づいた鬼頭は、ある要求を突きつけ…。

キャスト


スタッフ


備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:1時間09分00秒
■放送時期:2013/01/04〜2013/01/04
■制作年:2013年
■コピーライト:(C)関西テレビ