サキ


第11話 悪女の最後


サキ/第11話 悪女の最後
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/03/22 10:00:00 ~

番組内容


あの仲間由紀恵の“悪女”再び!!あの“サキ”が帰ってきた!!
「女は、苦しむ女を見るのが好き。」。2011年、『美しい隣人』で、女をターゲットにした悪女を演じ、世の中を震撼させた仲間由紀恵が、新たな悪女を世に放つ!その名も“サキ”。次のターゲットは、男たち。
その女は、すごく“優しい女”だった。望んでいることを叶えてくれる女だった。ただ、それが、たまたま男たちを、破滅への道に導いた…だけ。
“聖女”と“悪女”の境界線は、いったいどこにあるのか?
『美しい隣人』スタッフが再結集して新たに作り上げる、極上の大人のサスペンス。

ストーリー


自ら自宅に火を放ち、燃え盛るリビングで倒れる須藤(高嶋政伸)。その頃、須藤がサキ(仲間由紀恵)の四人目のターゲットだと突き止めた隼人(三浦翔平)は、須藤家に急いで向かう。
翌朝、隼人と直美(内田有紀)は、須藤からサキが母・明美(朝加真由美)の死に立ち会っていたことを聞く。また、その日のある時刻、サキが破滅に追いやった男たちの内の三人が、母が倒れた場所にほど近い、ある地域に居合わせていたことが判明。「母は五人の男に殺された」というサキの言葉から、隼人は次に狙われるのは自分だと感じていた。 そんな時、隼人のもとにサキから連絡が入る。意を決してサキの自宅を訪れた隼人は…。
後日、サキが母親に宛てて書きつづった手紙が発見される。隼人は、なぜ狙われたのか?母の死と隼人たち五人の男の関係とは?そして、最後に明かされるサキの本心とは?

キャスト


スタッフ


■脚本:渡辺千穂
■演出:今井和久 (MMJ)
■演出:小松隆志 (MMJ)
■演出:植田尚 (MMJ)
■プロデューサー:豊福陽子
■プロデューサー:遠田孝一 (MMJ)
■プロデューサー:浅井千瑞 (MMJ)
■音楽:池頼広
■主題歌:「Catch Me-If you wanna-」(avex trax):東方神起
■オープニング曲:「Jane Doe」(NAYUTAWAVE RECORDS):高橋みなみ
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※著作物の関係上、地上波放送とは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承の上、お楽しみ下さい。

基本情報


■再生時間:45分00秒
■放送時期:2013/03/19〜2013/03/19
■制作年:2013年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ