マザー&ラヴァー


第5話 涙のパーティー


マザー&ラヴァー/第5話 涙のパーティー
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/03/31 13:32:15 ~

番組内容


岡崎真吾(坂口憲二)は、今どき珍しいマザコン青年。
母親を思い敬う感心な若者であるが少々度が過ぎるのが玉にキズ。そんな真吾と恋におちた杉浦瞳(篠原涼子)と、息子を親離れさせたい母親・マリア(松坂慶子)の3人が織り成す、楽しくも切ないハートフルドラマ。

ストーリー


瞳(篠原涼子)は仕事が忙しく、真吾(坂口憲二)とデートする時間がなかなか取れない。一方、真吾もドラマの仕事が決まった。といっても他の劇団員と一緒にエキストラだ。スタジオでは今日子(西丸優子)がちゃっかりスタッフに売り込みをかける一方で、恭介(金子貴俊)は年下の売れっ子俳優を見てため息をもらしていた。真吾はスタジオ見学のお客さん気分。
マリアのことを考えると、真吾の足は自然と実家へ向かう。マリアが真吾と話していると、音大時代の同級生から賞を獲ったと連絡があり、受賞のお祝いパーティーに誘われる。しかし、マリアは真吾に気が重いから行かないと話す。そんなマリアを連れて真吾はパーティー用の服を選びに行く。嬉々として試着を繰り返す2人の姿は、まるで恋人のような仲むつまじさだった。ご機嫌で帰宅したマリアは、いつものごとく庄二(蛍原徹)相手にさりげなく、真吾の孝行ぶりをノロけた。
その頃、瞳は多忙を極めていた。それでも心の中は真吾の事でいっぱいだから、つい物思いにふけっては麻衣子(矢沢心)にからかわれていた。たまたま仕事が早く終わった瞳が稽古場をこっそり覗いてみると、真吾は圭(水上あさみ)から頭ごなしにダメ出しをされていた。しかし、真吾は格好悪いところを見られ、久しぶりに会えたのに会話は弾まない。瞳は気まずい空気を変えようとなぜ役者になりたいのかと聞いた。すると真吾はまたまたマリアの話を熱っぽく語りだした・・・。

キャスト


スタッフ


■脚本:岡田惠和
■演出:新城毅彦
■演出:塚本連平 (MMJ)
■演出:三宅喜重
■演出:今井和久 (MMJ)
■プロデューサー:安藤和久 (関西テレビ)
■プロデューサー:東城祐司 (MMJ)
■プロデューサー:伊藤達哉 (MMJ)
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■音楽:寺嶋民哉
■主題歌:「Sounds of Love〜しあわせについて〜」(コロムビアミュージックエンタテインメント):アンジェリーナ
■制作:カンテレ
■制作:MMJ

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:46分00秒
■放送時期:2004/11/02〜2004/11/02
■制作年:2004年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ