ヒミツの花園


第6話 ついにその正体が!花園ゆり子サイン会で大ピンチ!


ヒミツの花園/第6話 ついにその正体が!花園ゆり子サイン会で大ピンチ!
消費ポイント :  300
視聴期間 :  購入後8日
配信期間 : 2013/04/01 21:00:00 ~

ストーリー


「花園ゆり子の新連載を取って来い!」と、夏世(釈由美子)が編集長の田丸(田中哲司)からゲキを飛ばされていた頃、田中(寺島進)も会社の副社長命令で、イベントで花園のサイン会を開催するように言われる。
後日、片岡家に出向いた夏世は四兄弟から、思いもよらない提案を受ける。なんと、花園になりすましてサイン会に出ろというのだ。
無理だと言う夏世に、新連載を受けてもいいと交換条件をチラつかせる航。結局、夏世は押し切られてしまい、その日から花園になりきるためのレッスンが始まる。サインの練習から、所作やお茶に至るまで兄弟たちの厳しい指導のもと、なんとかそれらしく振舞えるように。
そしてイベント当日、会場である“花園町”へと出かけていく夏世たち一行。次第に夏世も、その気になってきた。夏世が控え室にいると、女の子が来てサインと握手を求めながら、自分も花園のような素敵な漫画家になりたいと、目を輝かせて夏世に夢を語る。その姿に夏世は胸が痛くなる。そしてその頃、客席には偶然にも亮子(真矢みき)の姿が・・・。夏世は、先ほどの女の子の夢を台無しにしてしまったことを悔い、これ以上人を騙したくないと、サイン会の中止を訴えるが・・・。

キャスト


スタッフ


■脚本:永田優子
■演出:小松隆志 (MMJ)
■演出:二宮浩行 (MMJ)
■演出:池添博 (5年D組)
■プロデューサー:吉條英希 (関西テレビ)
■プロデューサー:遠田孝一 (MMJ)
■プロデューサー:伊藤達哉 (MMJ)
■音楽:仲西匡
■主題歌・挿入歌:「Baby Don’t Cry」(avex trax):安室奈美恵

備考


※インターネット等を通じて配信される番組の映像や音声は、実際に放送されたものとは一部内容が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

基本情報


■再生時間:45分00秒
■放送時期:2007/02/13〜2007/02/13
■制作年:2007年
■コピーライト:(C)関西テレビ/MMJ